ぬいぐるみ愛ディア

かわいいを愛でるすべての人へ

【持ち主の愛情は永遠に】「愛されすぎたぬいるぐみたち」の写真集に涙腺崩壊!

スポンサードリンク

f:id:miharhumba:20180715084630j:plain

愛されすぎたぬいぐるみたち | オークラ出版より

2017年6月13日に出版された「愛されすぎたぬいぐるみたち」

マーク・ニクソンという人が書いています。

 

何十年も時を重ねてぼろぼろになったぬいぐるみたちが写真と共に紹介されています。U2のボノやミスター・ビーンのクマをはじめとしたぬいぐるみたちは、どの子も愛されているのが伝わってくる子ばかり。

ぬいぐるみにとって「ぼろぼろ」は愛されとる勲章やけんね

中には、持ち主を交通事故で亡くしてひとりぼっちになり、友人に引き取られて生き続けている子もいます。ぼろぼろになってもなお持ち主に向けていたであろう笑顔を作り続けているぬいぐるみに涙腺が崩壊してしまいます。

ぬいぐるみを愛する人にとっては、電車の中では読めない本ナンバーワンかもしれませんね。

この本のはじまり

f:id:miharhumba:20180715093223p:plain

https://www.marknixon.com/MUCHLOVED/3/caption

アイルランド首都ダブリン在住の写真家マーク・ニクソン(Mark Nixon)さんは、4年前に自分のスタジオで大切なぬいぐるみと持ち主の写真を撮り、ホームページに載せたそうです。

「MUCH LOVED」と名付けられたこのホームページにはは1ヶ月で150万件以上のアクセス、3ヶ月で450万件のアクセスがありました。

それらをまとめた写真集「MUCH LOVED」が中国からペルー、アイスランド、アルゼンチン、アメリカからロシア、そしてヨーロッパ中でもニュースやブログで話題となったのです。

ぬいぐるみは世界共通なんやね

愛されすぎて良い!

https://cdn.stocksnap.io/img-thumbs/960w/1D4F0871ED.jpg

あなたのおうちにいるぬいぐるみたち、出会ったころからの写真集を作ってあげるのも楽しいかもしれません✨

小さいころから一緒の人は、自分の成長とともに味が出てくるぬいぐるみたちにほっこり笑みがこぼれてきそうですね。

どんな姿になっても、ずっとそばにいてくれるかけがえのない存在。

もしかしたら、ぬいぐるみたちは愛されすぎるために生まれてきたのかもしれない。

ボロボロになってもなお微笑みを讃えている彼らの写真を見ていたら、そう思わずにはいられませんでした。 

 

手足がちぎれても、一緒におりたいと思える人に出会えるのは、ぬいぐるみ生で一番しあわせなことね

愛されすぎたぬいぐるみたち [ マーク・ニクソン ]

 

www.nuigurumihakazoku.work

 

www.nuigurumihakazoku.work